映像コンテンツの費用対効果を把握するためのポイント

映像コンテンツの費用対効果を把握するためのポイント

企業にとって、制作した映像コンテンツがどのくらいのユーザーに見てもらえているのか、そしてプロモーション映像の費用対効果はどのくらいなのか、非常に気になるところではないでしょうか。

こちらでは、WEB用映像コンテンツの費用対効果を把握するためのポイントについてご紹介いたします。

費用対効果を数字で知るには

費用対効果を数字で知るには

WEBで動画を配信する方法には、ダウンロードとストリーミングの2種類があり、ストリーミングではユーザーの視聴時間を知ることが可能です。映像コンテンツの費用対効果を把握する方法には、主に以下の点が挙げられます。

  • 再生回数・・・映像コンテンツが何回クリックされ、再生されたかの合計です。
  • ユニーク再生数・・・視聴した人数のことですが、同じアクセス元の場合は何度再生しても1人の計算です。
  • 再生1回あたりの平均視聴時間・・・総視聴時間を総再生数で割ります。
  • 1人あたりの平均視聴時間・・・総視聴時間をユニーク再生数で割ります。
  • 再生率・・・再生時間を映像コンテンツの尺で割ります。
  • 視聴率・・・再生数をプレビュー数で割ります。
  • 瞬間視聴率・・・瞬間視聴者数を総視聴数で割ります。

他にも、映像コンテンツをSNSにアップして口コミ件数をチェックしたり、気軽にクリックできる「いいね!」ボタンやコメント機能を設けたりと、様々な方法で映像コンテンツの人気度やアクセスの傾向を割り出すことができます。

再生回数だけにこだわらない

費用対効果を知る際に、よく重視されているのが再生回数です。例えば、大手動画サイトのYouTubeでは再生回数がはっきりと表示されており、その数の多さが人気の高さを表しています。ただ注意したいのが、映像コンテンツの再生回数だけで費用対効果は把握できないという点です。

例えば、2分の動画を制作・配信した場合に、再生回数が1000回でも、平均視聴時間が20秒と2分とでは大きな差が生まれます。再生回数はもちろん重視すべき点ですが、再生率と視聴率、そして平均視聴時間も動画分析において注目すべき項目になります。

高い広告効果が狙える映像コンテンツの制作は、スタジオプラセボへご依頼ください。2Dアニメーションだけでなくクレイやパペットのキャラクター撮影によるストップモーション・アニメーション(コマ撮り)を制作してきたスタジオプラセボでは、これまでも様々なメディアに対応してきた実績があります。サイト内には3DCGやコマ撮りによる作品を掲載していますので、そちらもぜひご覧ください。