プロモーション動画の理想的な長さとは

プロモーション動画を活用して商品や企業をPRするには、ただ映像制作をすればいいわけではありません。効果的なPV動画を制作するには、動画の長さにも注意が必要です。

飽きさせない長さで作る

テレビのリモコン

プロモーションビデオは、テレビCMのように決まった時間がありません。限られた時間にPRしたいものを詰め込むのではなく、伝えたいメッセージを好きなだけPRすることも可能です。

しかし、映画やテレビ番組と同じように「楽しくない時間」や「退屈だと感じる時間」は、誰でもすぐに興味を削がれてしまいます。

例えば、プロモーションビデオの中でCG映像やアニメーションを駆使し、企業のすばらしさを必死にPRしても、長い動画だと視聴者はすぐに退屈だと感じてしまいます。

視聴者が興味を持ち、集中してプロモーション動画を観てくれなくては意味がありません。飽きずに観てもらうには、1〜3分、長くても5分以内にまとめるのがポイントと言われています。また、長くなるようでしたら映像をいくつかに分ける方法もいいでしょう。

視聴者のニーズを考える

テレビの視聴者

なぜ、視聴者がプロモーションビデオを観ているかを考えるのも重要です。商品のプロモーションビデオですと、商品の販売を知って満足する人もいますが、中にはスペックや機能を把握したい人もいます。

それなのに、肝心な部分の情報が少なく終わってしまうプロモーションビデオでは、視聴者にとって意味のない映像となってしまいます。

視聴者が何を求めて映像を観ているのかを考え、いくつかのパターンを制作するのも1つの方法です。

スタジオプラセボは、広告やテレビ番組といった映像制作を行っている会社です。テレビCMやアニメーションなど様々なジャンルでの豊富な映像制作実績があり、企画・開発から完成まで一貫してご依頼いただくことも可能です。

それぞれの得意分野を専門としているプロスタッフが在籍し、お客様にご満足いただけるサービスを提供したします。デジタルアニメーションや3DCGを使用した映像制作もスタジオプラセボにお気軽にご相談ください。