媒体・ターゲットを想定し
作品のアイデアを出し、構想を練ります


登場キャラクター、場面設定と共に
物語の筋を文字で起こします

 

 

プロットをもとに、登場キャラクターの
演技やカメラアングル(レイアウト)など
画面上の展開を紙面に描き起こします

 

 


キャラクターや背景等、作品イメージを
具体的にビジュアル化します

 

 



デザインを元に立体化し
世界観を構築します

 

 


コンテの絵を繋ぎ合わせて
作品の流れを作ります

ビデオコンテをもとに、尺が出たところで音楽
や効果音(SE=Sound Effect)の打合せをします

 

 

 

人形を少しずつ動かし撮影していきます

 

 


撮影時に人形を支えていた器具などを消す
画像処理をコンピューターでおこないます

 

 

 

撮影素材を繋いで尺の最終決定を行います

 

 

 

光や煙などの映像効果を合成します

(9.のバレ消し、11.のコンポジット等の
合成作業は本編集で行う場合もあります)

 


バレ消し、エフェクト処理した映像データ
を編集機に取り込み、作品として繋ぎます
カラコレ(色調整)やタイトル入れ等も
この時行います

 

 


出来上がった映像に
音楽・SE・ナレーションを加えます

 

 


本編集後の映像とMA後の音声を
媒体に合わせ納品フォーマットに
落とし込み、完成パッケージとします